« 余計なことをする | トップページ | つられる »

次元移動/世界を、変える

じぶんの身にあったのは

行く予定にしてたお店の

ドアに張り紙

葬儀のため臨時休業

それだけなのに

その前にいくつか読んでいた

SNSに引きずられたのか

どんどん落ち込んでいって

泣きたくなるほどで

代わりに入ったお店もぱっとしなくて

ぱっとしないままちょっとした望みだけかけて

オーダーした後

これはマズイ。と気がついた。

落ち込むのはおかしい。泣きたいなんておかしい。

このまま料理が出てくるのを待っていたら

確実に、さらにしょんぼりするようなごはんが出てくる。

そうはさせるかとばかりに、切り替えた。

出てきたランチセットは充実していて、それなりにおいしかった。

予想外のしじみ汁が染みわたる。

徐々にあがる気分。

オットからのキラーパスがトドメになった。

すこーんと、あがった。

じぶんでも可笑しいくらいに。

お茶碗の柄がかわいい!と浮かれる

いつもの、能天気なじぶんに戻った。

戻らないと、そうではなくなっていることに、気づかないものだ。


思うに、次元移動とは、こういうこと。

見ている世界はいつでも変えられる、とは、こういうこと。


オーダーしたときと

料理が出てきたときと

オットからのパスがあったとき

わたしはそれぞれ

まるで違う世界にいた。


いつだってじぶんで選んでいる。

お涙頂戴が嫌なら、切り替えればいいのである。

« 余計なことをする | トップページ | つられる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/62606966

この記事へのトラックバック一覧です: 次元移動/世界を、変える:

« 余計なことをする | トップページ | つられる »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより