« 「わたしに言わないで。」 | トップページ | 箱庭 »

あたらしい感覚/オトのちから

改札の件。
おじさんに対して
そんなこと言っちゃって悪かったな、とは
ほっとんど思わなかった!!
一瞬おもったけど
そのあとの感謝で帳消しされた。
あたらしい…!!!


昨晩、珍しく
布団にはいってから
オットと話してたいて
男の意気と本能、的なことを
オットが言葉にしたとき
全身しずかにビリビリしたんだ。

ことたまのちから

その、意気も本能も
推測がついてたし
遠回しには聞いていたし
わたしのなかでとうに確信だった。

うれしくありがたく心強くおもって
ここまできたけれども
でも、オトになると、違うもんだな。

先月だったか改めて
求婚を言葉にしたときも
ばかばかしいと思いながら聞いたのに
そのパワフルさにしびれたっけ。
まさかそんなふうに響くとは
まったく想定していなかった。

男がめったなことでは
本気を語らないのは
ことたまの強さゆえ、だろうか。

« 「わたしに言わないで。」 | トップページ | 箱庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/63236354

この記事へのトラックバック一覧です: あたらしい感覚/オトのちから:

« 「わたしに言わないで。」 | トップページ | 箱庭 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより