« 反感を表明することへの抵抗 | トップページ | 無視も回避もできないときは »

なにかに対してネガティブな思いを抱いたとき

● 嫌いなひと
● 不快な状況
●つまらない環境 などへの対応


いやだ、むかつく!と
相手(対象)へ向けるのではなく
じぶんの感情だけを見る。

嫌なものは嫌。
嫌いな理由、言い訳、正当化はいらない。
怒っているだけ。
怒りたいだけ。

なにかに対して
無自覚に反応することは
どうしたって、ある。
不快にしろ快適にしろ。
肉体をもっているがゆえ。

反応することに
良し悪しはない。

不快反応に執着し
なんでだ、どうしてだ、どうすれば
などと言い出すと
長引いて、怒りになる。

本来エネルギーをむけるべきは
そこではないので、ストレスだから。

反応は、反応でおしまい。
自責することも恥じることもない。
学ぶことも正すこともない。
相手(対象)に働きかけることもない。

不快であることを認めたうえで
対策を講じていく。
回避する、無視するなど。

そしてじぶんの立ち位置に戻る。
しっかりと前を見据える。


« 反感を表明することへの抵抗 | トップページ | 無視も回避もできないときは »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/64273794

この記事へのトラックバック一覧です: なにかに対してネガティブな思いを抱いたとき:

« 反感を表明することへの抵抗 | トップページ | 無視も回避もできないときは »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより