« I've never been to me | トップページ | Alaska 星のような物語 »

きれいなものを

だいぶまえに
友達から譲り受けた
星野道夫さんのエッセイ

なかなか読み進められずにいたのを
近頃すこしずつ、折々に、読んでいる

そうしたら流れてきた
星野道夫さんの写真展ふたつ  1 2
奥様と担当編集者さんのインタビュー


奈良の旅行中
オットが見ているあいだ
わたしは森林浴していた
藤城清治さんの影絵展

オットの興奮ぶりから
いつかみたいものだと思って半年
友人が銀座の展示をみてきたときいて
重陽の節句である昨日、足をはこんだ。

だれのなかにもいる小人
振り返りざまの大神神社
まっすぐ貫く桜並木の先にひろがる空 

いまを生きるひとのちから


みたいものを
みたいだけ
みること

ぜんぶをみなくては
たくさんみなくては
しっかりみなくては

そんな思いはもう捨てて

みたいものを
みたいだけたっぷりと

かんじたいものだけを
余韻まであまさずたっぷりと


すてきなものだけの世界に
来ることができた。やっと。

きれいなものばかりの
きれいごとだらけの
きれいな世界に生きていく。


気になっていたグループ展もみることができた。
谷川俊太郎さんの詩をモチーフにした
複数アーティストの平面作品、立体作品

受け取り、膨らませ、深め、
響きあい、奏であう。
それらを統べるはひとつの意思。


おうちギャラリー
クリエイターによる
クリエイターのための
アートスペースです。

定休日 火曜日、水曜日
コアタイム 11時〜17時
飲食物の持ち込みOK

大きな音の出るもの
床や壁が汚れるもの
猫と共存できないものはNG

モノをつくることに限りません

ぼんやり絵を眺めても
猫とあそんでも
昼寝しても
手紙をかいても

いきることは毎瞬がクリエイション


おうちギャラリーは
ソメヤユキの
インスタレーション作品でもあります。

わたしによる
わたしのための作品。

うつろいゆく奇跡の軌跡
写真をすこしのこしたら
あとはわたしの記憶だけ

おうちギャラリーという空間
その日の天気、湿度、風向き
居合わせたひとの
着ている服やおもうこと

すべての要素をつかった
インプロビゼーション

よかったら、参加してみてください。

https://someya.localinfo.jp/

« I've never been to me | トップページ | Alaska 星のような物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/64183637

この記事へのトラックバック一覧です: きれいなものを:

« I've never been to me | トップページ | Alaska 星のような物語 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより