« てんびん座を習得する | トップページ | じぶんを癒すということ。 »

受け入れ、受けとめ、受け流す

ことを起こす方向に切り替えたことにより
ことを受け入れ、受け止め、受け流す方向について
アウトプットが始まっている。

本来の自分のベストより、
もう一段ふかく受け入れるのが癖になってたのを、
ここ何年かで修正してきた。

犬は優しすぎて、だから犬には遠慮する。
などと言っていたのは、そのせいだろう。投影。

どんな人とも
なるべく深く
できれば全力で
関わり、向き合うことを
理想として
自分に課しているところもあった。

でもそれで自分が弱ってしまっていたら
なんにもならないのだ。
いかに高邁な理想も、自らの健やかさありき。
そしてわたしは、わたしが思うより、やわらかい生き物なのだった。

「安全」の感覚や、それにもとづくこの環境で線引きは
だれとの比較でもなく、絶対値でしかない。

不甲斐ない!と思ったりしながらも
そのつど、丁寧に確認、調整してきた。

自分を十全に護ることや
自分の心地よさを最優先に
他者/世界と関わる選択決定をする。

このルーチンは
だいぶ身に着いたと思う。

いちいち悩まなくても
胸を傷めなくても
びくびくしなくても
選択決定できるようになっている。

受け入れ、受けとめ、受け流す。

次は、取りに行くのだ。

« てんびん座を習得する | トップページ | じぶんを癒すということ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/64392355

この記事へのトラックバック一覧です: 受け入れ、受けとめ、受け流す:

« てんびん座を習得する | トップページ | じぶんを癒すということ。 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより