« 無視も回避もできないときは | トップページ | 「それなり」をやめる許可 »

「本当の自分」というもの

「ネガティブな感情は本当の自分と分離しているサイン」

という言葉をみかけた

たしかにそうである

本当のじぶんっていうのは

どんなひとであれ

つまるところ

「だれとでも仲良くしたい」

「だれにでも大好きといいたい」

だと思う。

いわゆる「ハートをひらいていたい。」ということ。

傷つくかもしれないとか

相手のほうが間違ってるとか

そこまでの価値はないとか

傷つくひとがいるとか

迷惑になるとか

そこまでじゃないとか

仕事だからとかいい年してとか

ぜんぶうっちゃって

ただ、ただ、大好きっていいたいだけなのだ。

いっていいのだ。

それを自分に許可していないとき

言いたいのに言えないとき

その抑圧がネガティブ感情となる。

« 無視も回避もできないときは | トップページ | 「それなり」をやめる許可 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/64317120

この記事へのトラックバック一覧です: 「本当の自分」というもの:

« 無視も回避もできないときは | トップページ | 「それなり」をやめる許可 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより