« じぶんひとりくらい | トップページ | 創造性を支えるもの »

ちゃっちゃと済ませる、その一方で

やりたくないことだけど
やらなきゃいけないんだったら

はやくおわらせよう
ちゃっちゃと済ませよう

そういう意識を
女性は持ちやすいけれど

そこにはかならず痛みが生じている。
じぶんのなにかが損なわれてしまう。

なにごともぞんざいにしてはならないのだ。じぶんのために。
やるからには、どうたのしむか。どうしたらたのしいか。

世界へ表明し、響き合って、共同創造していく。

女性性を受け取ることは
女性性を差し出すこと。

いっときたりとも
「心地よさを求める欲」を押し殺してはならない。
みずからの「よろこび」を後回しにしてはいけない。

そんな犠牲のうえに
ほんとうの安らぎはない。

それと同様に
大切な存在を貶めてはならない。
バカにして、笑い者にしてはならない。

それによって傷つくのは自分自身でしかない。

対抗心やプライドを満たす一方で
みずからのやわらかなこころは痛んでいる。

痛んでいるがゆえに
心を閉じ、手を抜き、貶し蔑むが
それゆえに、傷が深くなる。

すべてのものを愛したいと願う
すべてのものを大切に扱いたいと願う
みずからの本心から、遠ざかってしまう。

すべてのものを愛おしむ
そのゆたかさを享受する
満ちて、こぼれる
めぐりゆく
やがてまためぐりくる

« じぶんひとりくらい | トップページ | 創造性を支えるもの »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/64494622

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃっちゃと済ませる、その一方で:

« じぶんひとりくらい | トップページ | 創造性を支えるもの »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより