« コントロール/複雑な関係性 | トップページ | 宿題のこと(心の学校その7) »

相手という鏡にうつるのは

愛したい。のホントのとこ」で
男性が叶えようとするのは
女性の「無意識の願い」だと書いた。

家族やパートナーなど
身近な存在には
「じぶんの無意識」が表れやすい。


たとえば
お菓子を食べているときに
「食べ過ぎだからやめろ」と家族に言われる。

そのまま素直に聞いたうえで
やめるなり、食べ続けるなりできる場合には
発言者の問題(なんらかの観念に基づく介入)かもしれない。

わかってる!と反発したなら
内心「食べ過ぎかな・・・」と感じている
じぶんの一部を、相手が代弁しているかもしれない。


家族がしつこく言ってくる忠告は
自分がないがしろにしている
自分の願望だったりする。

お菓子の例でいえば
こころゆくまで食べたい気持ちと
健康に配慮して節制したい気持ちは
どちらも持っているものだ。

両方に自覚的であるならば
どちらでも選べば良いが
どちらかを見落としていたり
あえてないがしろにしているのなら
一考する価値はある。


同様に、家族から投げかけられる
まったく思いがけない見解も
じぶんの無意識を知る助けとなる。

お菓子をそんなに食べるってことは
なにか不満があるんじゃないのか。
などと言われたとする。

そんなことはない!と
反射的に、本心から、思ったとしても
よくよくじぶんの内側を探してみると
不満が見つかったりするのだ。


身近な相手のことを
自分をコントロールしてくる人間だとか
頼りにならない人間だとか
理解のない人間だとか
「自分の味方ではない」と感じていると
相手の言動は、妨げにしかならない。

そうした「相手への観念」は横に置いて
「自分の無意識を表す(かもしれない)鏡」
タロットやオラクルカードのような存在として
相手の言動を、利用してみる。

自分が気がついていない自分の願望、欲求
自分が見落としている可能性
そのように扱い
精査し
取り込むことで
自分の幅が広がっていく。
自分への理解が深まる。

相手の言動を
「相手との関係性」ではなく
「自分と、自分の無意識の関係性」を
深める材料として使う。


相手の言動に
感情的に
反射的に
応じているあいだは

もたらされている
新たな可能性に対して
閉じているといえる。

たんなる「情報」として
フラットに扱うことができれば
選択肢が増える。


他者という鏡を使って
「未知の自分」を見つめ
受け入れていくのは
簡単なことではない

ずるい自分
よわい自分
みっともない自分
いろいろ出てくるけれども

「気づいていない自分」への
理解を深めようとする姿勢は
「自己信頼」へとつながっていく。

他者や出来事へ反応が起きたときに
自分の内面をしっかり見る

なにがあるのか
なにが起きているのか
なにを求めているのか
しっかりケアする

それをコツコツ続けることは
自分自身への本気のコミットのあらわれであり
最上の自己愛のかたちなのかもしれない。

そうして癒され
満たされていくことで
他者の存在を使って
自分を満たす必要がなくなり

コントロールしたり
されたりという関係性は
生じにくくなる。

« コントロール/複雑な関係性 | トップページ | 宿題のこと(心の学校その7) »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66293439

この記事へのトラックバック一覧です: 相手という鏡にうつるのは:

« コントロール/複雑な関係性 | トップページ | 宿題のこと(心の学校その7) »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより