« あなたはだあれ | トップページ | なんとなく感じた、そのあと »

あきらめグセは根強い

待て。休め。
わかってる
わかってるけれど
あああほんとうに、休むのって大変である。

ブラウザのあちこちに
間取り図の広告が出てくる。
つい見に行ってしまう。

もうとっくにくたびれているのに。

でもがんばらなくちゃ
はやく引っ越したいし
出来ることはやらなくちゃ
などなど
言い訳
言い聞かせ
できると思ったらNGと言ったのは誰だっけ


いますでにある物件に
じぶんをはめこもうとする

ここにこれをこう置いて
こうすればこんなかんじで
だいじょうぶ暮らせる。って

窮屈な現実に
じぶんを押し込めることに
慣れすぎている

なんの苦もなく
抵抗もなく
ふと気づけば
どうすればそこにおさまることができるか?
創意工夫で遊びはじめている

ほらこれで大丈夫。
なんとかなる。って
なんとかできるじぶんに酔ってしまう


まずは文庫を出るのが先決で
まずはとにかく引っ越して
理想のイメージに向かうのはそれから。

そんなふうに思ってしまうけれど
さいしょからイメージに向かったっていい
そこに無理がないのなら。

ただし、いまのわたしでは
なにがどうなったら
無理なくそれに近づけるのか
さっぱりわからない。


わからないだけで
無いとはかぎらない


現実をみればみるほど
理想が叶う道筋はみえなくなる

どこにある?と探しに行くでもなく
さあこい。と待ち構えるでもなく
ただ、ただ、いまに寛ぐ。
イメージを描いて、それが叶った身体に為る。
それを味わう。その状態で居る。
夢の学校でやったこと。
ああ今度、講座の録音をききなおそう。

そこそこの
手の届く
しあわせじゃなくて
もっともっと最大級のラッキーがやってきてもいい

全方位にひらいておく

じぶんをちいさく見積もるな

あきらめなくていいよ
わたしがわたしに言ってやるしかないんだ
わたしがそう言うだけでいい

あきらめなくていい
ふつうじゃなくていい
ありえなくていい

人間ばなれ
どんどんすればいい

そうしてまたいつか「休め記事」のように
なにかがあふれて流れるかもしれない
でもそんなのはおまけでしかない

あきらめるな
せかいをみくびるな
資格も責任も問うな
ただわたしがもっとわたしで在れるように。
在れる可能性から、目をそらさずに。

この夢は、みんなの夢。
旗をかかげるのがわたしの仕事。
ひるむな。嘆くな。胸を張れ。

« あなたはだあれ | トップページ | なんとなく感じた、そのあと »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66440809

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめグセは根強い:

« あなたはだあれ | トップページ | なんとなく感じた、そのあと »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより