« 世界観のレベル別に事象を捉える | トップページ | 実体のない存在、肉体をもつ存在 »

身の程を知れ。

身の程知らず。と言われた気がした。
そっちこそ身の程を知れ!と言い返したくなった。

ぜんぜん大切にされていない気がした。
じぶんばっかり割り食ってる気がした。

どう切り出そうか?
認識のズレをあきらかにしなくては。
どんな結論、どんな選択肢があるだろうか?
こうしたらどうなる?
こっちだったらどうだろう?
困ればいい。思い知ればいい。
ぐるぐるぐるぐる考えて考えて考えて・・・

あれ?
なんかおかしくない??

なんにせよ苦しい。
相手がどうこう以前に
いま自分が苦しい。
それをなんとかしようと決めて

自働運動と瞑想のあと
そのモヤモヤを身体に探して愉氣してたら
「だからといって、相手を悪者にしたいわけじゃない」
そんな気持ちが出てきた。
くっと、背骨が動いた。整った。

ああびっくりした。
視界が明るくなった。

なんだったのだろうあれは・・・
本気で全身でそんな気でいたんだ。
なにか別世界にトリップしてたみたいだった。
たしかにそんな思考回路の時代もあった・・・
よかった相手に切り出す前に片付いて!!

« 世界観のレベル別に事象を捉える | トップページ | 実体のない存在、肉体をもつ存在 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66496972

この記事へのトラックバック一覧です: 身の程を知れ。:

« 世界観のレベル別に事象を捉える | トップページ | 実体のない存在、肉体をもつ存在 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより