« 身の程を知れ。 | トップページ | 先に準備を始める »

実体のない存在、肉体をもつ存在

肉体という制限のない
実体のない存在のほうが
よほどパワフルで
ミラクル(想定外) なのだから

やれるだけのことは
やっているのなら
不安も心配も
彼らにあずけてしまえばいい

すでに亡くなった家族や親戚
神様仏様天使精霊龍白狐聖人

実体のあるものたちが
最優先にやるべきは
実体があるからこそ出来ること

五感をたのしむ
達成をたのしむ
喜怒哀楽をたのしむ
ミラクルをたのしむ

肉体という制限ゆえの不完全さ
くるしみ、切なさ、やるせなさ

肉体という制限ゆえの
選択の貴さ、行動の重さ

それらをあますところなく
全面的に味わうこと

身体ぜんぶを震わせて
よろこびをかみしめること

歓喜と感謝が
この肉体を鳴り響かせる
その響きこそが甘露
実体のないひとたちへの最大の恩返し


たとえば親の健康、親の生活費、親のさみしさ、親の・・・
それらを持ち出して
じぶんを制限することは
社会的には親孝行でも
ほんとうのところでは親不孝でしかない

制限を手放すために
工夫をする
智慧を求める
可能性をあきらめない
そのための制限である

相手が困らないように苦しまないようにと
こちらが苦しみ続けていては本末転倒
相手の可能性を奪っているだけ

「できる」「なんとかする」
自己犠牲による現状維持は執着
おおきな流れをせき止め
ちいさな世界に自他を閉じ込める
苦しさとひきかえに
安心と自己満足を得る
独占欲も満たされる

そのままの自分と相手を受け入れ
弱くて強欲な自分をさらけだしたとき
つぎの扉がひらく
他力を招き入れる
実体のない存在も動きやすくなる


実体のない存在は
実体のあるものを
最大限尊重するから

口先でどれほど求めていようとも
行動が変わらない限り
求めていると認識されない

受け入れ体制ができていないところに
ミラクルは流れこまない

ミラクルが起きたら動くのではない
なにも起きないかもしれなくても
損して傷つき恥をかくとしても
動き出すこと
それ自体が
その流れにいる前提として機能する

実体のない存在
おおいなる流れとの
共同創造
スイッチを入れることができるのは
実体のあるものだけ

そこに生じる不安や心配は
実体のないものたちの、はからいに委ねる


やれるだけのことをやり
じぶんにまっすぐであればあるほど
実体のない存在のはたらきや
起こる出来事、展開を
見守る胆力が育つ

じぶんに嘘がないならば
報われるわけがない
助けられるわけがない
そんな価値はない、などと言う気もおきない
すべてを信じ委ねることも容易い

人事を尽くした上で起きることは
なんであれ、天命なのだと
罰があたったのでも
見捨てられているのでもなく
ただ、そういうものなのだと
いつか分かるのだと
あきらるほかない

その状況からまた学び
自分の真実を確かめる

手つかずのことがないか
動かすべきことはないか
待ちの姿勢になって
先送りしていることがないか

「あれがこうなったら、動く」
「これが分かったら、そうする」
そんな取引は通用しない
本気度が低いとみなされるだけ

実体のない存在とは
互いの役割
得意不得意をふまえ
甘えや依存のない
対等な関係性でいたいと思う

どれだけ心がけたところで
相手のおおきさに
敵うわけはないのだから
あまやかされているのだから
せめて、自立の意気は保っていたい

« 身の程を知れ。 | トップページ | 先に準備を始める »

みえないもの」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66517548

この記事へのトラックバック一覧です: 実体のない存在、肉体をもつ存在:

« 身の程を知れ。 | トップページ | 先に準備を始める »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより