« バーズとのナレソメ | トップページ | 必要なスペース »

鬼門にある寺

いまの家(マンション)に住んで
15年目なのだが
とつぜん、気が付いた。

うちのベランダは南西向き
玄関横の洋室の窓は北東向き

その洋室の窓から
称名寺の裏山が見えるのだが
もしかして
称名寺そのものが
真正面あたりだろうかと
昨日、ふと気が付いて
地図を確認するとやっぱりそうで

今朝またふと
方位を確認したら北東で
北東とは鬼門なのであった

うちから称名寺は鬼門にあたり
称名寺からうちは裏鬼門になる

わが家は称名寺(北条実時さんの菩提寺)に
守られていたといえるし
鬼の通り道にあるともいえる

夏になると外階段や廊下に
甲虫やセミがやたら転がっているのは
そういうことだったのか

この延長線上に去年、区役所ができて
(建て替えで場所がすこしずれた)

いまは、眺望をさえぎる
11階建ての大規模マンションが建設中
300戸以上が秋には完成する

お役御免というところか

鬼門にあたる洋室は
ほとんど納戸として使ってきて
たまに片付いて
ゲストルームになったり
アトリエになっても
どうしてもまた納戸化するのが常だった

それを徹底的に片付けて
シェアルームにしたのが去年秋
わが家はようやく通りがよくなったわけだ

あの部屋に積まれていたものたちは
重石かブレーキだったように思える

19989045_1381773248567612_145699591

引っ越す と決めてから
文庫でバーズする機会が増えている
土地とリンクしたカルマ浄化の仕上げのようだ

文庫に根をおろしていたのは
見つけてもらいやすように。
という意図があったような気がしている
誰に?なんのために?は、わからないが

いまや、みんな感度があがって
場所を固定しなくても
ちゃんと見つけてもらえるだろう

妨害電波が減った・・・というよりは
雑音のすくない周波数まであがった
音がとおりやすくなった
拾ってもらいやすくなった
そんなことを感じている


・・・・・
こうして今更になって
地理的なことにあらたに気が付いているのは
今週のゆかりさん週報にぴったり


育った町の氏神様が
ふいに判明したのは先月である

オットの産土さまと
おなじ神社に合祀されていたのであった

なんどか足を運び
由来の看板も読んでいたはずなのに
なんでか、把握できていなかったのだ

ちなみにその神社は
津波被害にあった近隣の町から
移り住んだ住民の氏神様である

覚書として。

« バーズとのナレソメ | トップページ | 必要なスペース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66550918

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼門にある寺:

« バーズとのナレソメ | トップページ | 必要なスペース »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより