« 感情に執着する理由 | トップページ | 渇望するからこそ »

引っ越しセラピー

引っ越し先が決まった。

必要条件の優先順位を変えながら
二転三転してきた4か月

友人の助けを借りてたどりついた
最後の手段は
「オットの暮らしの変化や負担を小さくする」
この条件を外すこと。

そうしたら、あっという間に決まった。

かってに、ほとんど無意識に
最優先事項に織り込んでいたこの条件には
じつは副作用があり
わたしの実家との
距離やアクセスを保つのだった。

これを外して
物件がさくっと決まったはいいが
実家との行き来は
ずいぶんとめんどくさいことになった。

直線距離はそう遠くないのに
電車でも車でも
遠回りしないと行けない。


今朝も母がおすそ分けをあれこれ
持ってきてくれた。チャリで颯爽と。
引っ越したらもうそんなことはなくなる。

結婚して家を出ても
ずっと近所だったから
18年続いてきた関係性。

かつては介入にも思えた
母からのサポートも
近年ではずいぶん良い距離感になってた。

ありがたかったなあ。
これからわたしは母の偉大さを
もっと、思い知るのだろう。

母を支えたようなつもりに
すぐ、なるけれど
本当は力をもらってるのは
いつだってこちらだ。


今回の引っ越しは、
わたしとオットそれぞれの、
キロンの癒しにつながっているのだろう。

6室牡羊座のキロン。
オットも牡羊座で4室。

自立すること、一人前になること。
自分であること。
自分のホームにまつわること。

参考: キロンがサインを変えます


このタイミングで
バーズのブラックアウトを体験できたのは、
この部分の癒しが進んだこともきっと大きい。

他者、とくに女性への、信頼と安心感。

母との関係性に葛藤があるのは
月、火星、海王星のアスペクトに出ている通り。

わたしが母に対して安心感を抱きにくいのは、
あくまでもわたしの側のナニカによるものであり、
母のキャラクターに依るものではない。

そしてもちろん、わたしの側のナニカというのも、
責めるべきものでも否定するべきものでもない。

このことが腑に落ちてからが本番。

そして、今回の引っ越しを通じて
実際に行動に落とし込むことになった。


お互いの要求を出し合い
それらを満たす物件は
ちっとも見つからず

二転三転するなかで
それでも共に暮らしていけるのか?
いっそ別居がいいのではないか?
何度もそんな話になった。
苛立ちもつのった。

行き詰った最後の最後に
オットがだした案はふたつ

「2年はキミが決めた家に一緒に住む。
絵描き部屋さえあれば
どんな場所になっても文句は言わない」

「じぶんはここに残って
キミと猫だけどこかに引っ越す。」

そうしてようやくわたしは
オットの都合を無視する権利を
じぶんに与えることができた。(感謝!)


他者に譲歩しないこと
他者の都合を配慮しないこと

安心がなければ
ほんとうの願いや望みを
他者に伝えることはできない。

伝えることはおろか
じぶんの意識にあがることすら無い。

自室が欲しいということも
物件探し3か月目でやっと出てきて
自分としては最大級のワガママが言えたように感じていたが
まだまだ、高望みをする自分が底にいるらしい。

この先はきっとリハビリなのだろう。

なにやら転地療法のように思えてきた・・・

« 感情に執着する理由 | トップページ | 渇望するからこそ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66616864

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越しセラピー:

« 感情に執着する理由 | トップページ | 渇望するからこそ »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより