« 地に足をつけない方法 | トップページ | 海中にいるように »

なぜこんなにも

わたしの生まれ育った家庭は
とくになんのトラブルもなかった

多くの家庭がそうであるように
父親が仕事で不在がちなうえ
実母の手助けもなく
年子をひとりで育てたとか

農家や大工の両親をみてきた二人にとって
サラリーマン家庭というのは
未知の世界だったとか

そういうことはあるけれども
とりたてて言及するような
わかりやすいトラブルはなかった

家庭だけじゃなく
生育環境も
学生時代の経験もやはり
とりたてて言及するようなことはない

にもかかわらず

海からあがりたくないとか
足がつかないとホッとするというのは
まるで現実世界を生きたくないひとのようで

これはいったい
どこからくる感覚なのだろうかと
ときどき不思議におもう

母と居る時の緊張感にも
わかりやすい原因は見当たらず

アドラーがいうように
すべての出来事に
目的があるのだとしたら
これらはわたしになにを体験させようとしているのだろう

« 地に足をつけない方法 | トップページ | 海中にいるように »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/66981689

この記事へのトラックバック一覧です: なぜこんなにも:

« 地に足をつけない方法 | トップページ | 海中にいるように »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより