« ゼロも、1も。 | トップページ | わからなくて戸惑う/萎縮癖 »

ちょっと過剰/山歩きに思う

久々に山を歩いてきた
文庫の称名寺裏山を歩いた以外だと
いつ以来になるのかなあ

ネットでなんでも調べられるようになって
ずいぶん気軽に山に行けるようになっているのだなと
認識をあらたにした。
20年前はバスの時間を調べるのも
ルートを探すのも、本か電話だった
それが億劫で、山から遠ざかっていたのだが
いい時代になったものだ


わたしの山登りペースは早い
「健康な成人男子 75分」のルートを
今日は、休憩しながら70分

ものすごく早いわけじゃない
でも、普段ろくに運動してない
何年ぶりかで山歩きをする
42歳女にしては
早いような気がする

高地に適応するのも早いらしく
トンガリロでも
富士山でも
高山病にならずに済んだ


小学校のIQテスト
めちゃくちゃすごく良いわけじゃないけど
標準範囲より高かったと
うちの親は、先生からわざわざ言われたらしい

中学まではさして勉強しなくても
成績はずいぶんよかった
学科も実技も全教科まんべんなく

学科は高校で挫折したけど


運動神経もそこまでいいわけじゃない
道具を使うスポーツは上の下程度

基礎体力、体幹、バランス感覚だとか
身体をどう動かすとどうなるのか?というセンスが
ひとよりすこし優れているみたいだ

高校のスポーツテストでは
文化部なのに学年5位に入ってた


どれもこれも「ちょっと良い」だけで
ものすごく突出しているわけではなく
あまり使いこなせていない感じ

努力という才能がないので
それを元に築くことができない

しかし「ちょっと良い」がゆえに
みんなとは感覚が違ってしまって
微妙に孤独な感じがあった

大変ー!ってときに
いっしょに、大変ー!と言えないのは
さみしかったのだ。女子的に。

そして、できないこと、苦手なことは
他者に伝えやすいけれど
得意なこと、できることは
なかなか言いにくいものである
中途半端なレベルであれば特に


なにをつらつら書いているかといえば
今日、はじめて長時間ひとりで山を歩いてみて
とても自由だったのだ

誰のペースを気にするでもなく
歌っても掛け声をあげても気にならず
全身の神経と筋肉を
存分につかって
山を登り、下り、沢を歩く

誰かとの山歩きは
景色だのなんだの共有できて
それもまたたのしいのだが

身体能力をフル発揮するよろこびは
ひとり歩きならでは!

また行こうと思う。

« ゼロも、1も。 | トップページ | わからなくて戸惑う/萎縮癖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/67103327

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと過剰/山歩きに思う:

« ゼロも、1も。 | トップページ | わからなくて戸惑う/萎縮癖 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより