« わたしはそれを知っている | トップページ | 廃品回収/正しさ、賢さへの執着 »

夢メモ

明け方、猫のエサコールで起きてから
また1時間ほど寝た時に見ていた夢

母と妹と私で作文の授業に参加している
母は妹につきっきりで
私はちいさな郷土菓子を並べたり積んだり
授業そっちのけで遊んでいて
講師に怒られるが、理不尽だと思う
作文の準備にそんなに時間をかけなくたって
書こうとおもえばすぐに書けるのだ
あとでいくらでも追いつく
かったるい下準備になど付き合いたくない
そんなような感じだった
そうこうするうちに妹が体調を崩し
ちかくのスパへ療養しに行くという
いちど家(実際の家とは違う)に戻り
支度をして、出かけていく
母はやはり妹を心配そうにみている
父(容姿は実父とちがう)とわたしが
なぜだか、諍いになる
羽交い締めにされ
触るな気持ち悪いと叫ぶ
抜け出し、窓枠にぶらさがり、
迫ってくる父の胸のあたりを
両脚で蹴り返している

そんなような夢
体感がとてもナマナマしかった

社会の理不尽さにくたびれて
動けなくなっていた頃のことを
この数日、思い出していたから
おそらくその象徴としての、講師や父なのだろう

浅い眠りの夢に出てきたということは
当時のエナジーが浮上してきたのだろうな
夢として体験することでおそらく昇華できているだろうが
念のためクリアリングもしておいた

星読みブログをみたら
キロンがまた魚座にはいったところらしい
もう記憶も感覚もうすれるくらい
遠い過去になった痛み

あらがったり、叫ぶということは
当時のわたしには出来なかった
じぶんに言い聞かせてなだめながら
愚痴をいうのがせいぜいだった

真っ向から戦える健全さが
じぶんのうちにあってよかった

« わたしはそれを知っている | トップページ | 廃品回収/正しさ、賢さへの執着 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/67212562

この記事へのトラックバック一覧です: 夢メモ:

« わたしはそれを知っている | トップページ | 廃品回収/正しさ、賢さへの執着 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより