« 廃品回収/正しさ、賢さへの執着 | トップページ | 他人を信じるとは »

未来言語を現代語に訳す

体の外で起こる問題解決ばかり習って、 自分の全体性の仕組み知らずに生きてますからねワタシたち。

ほんとうのさいわいとは その3
ボディーワーカー小笠原和葉オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/kazuhaogasawara/entry-12410558043.html


整体に触れて
身をもって知った
全体性の仕組みを

できるだけカジュアルに
だれにでも使える形で
伝えるにはどうしたらいい?

その問いかけへのこたえが
わたしにとってのアクセスバーズ。

だから、わたしがやる1日講座には
身体と意識の話もおのずと入ってくる。


わたしのクラスの強みはとにかく、
現実的で実用的なことだろうと思う。

いろんなツールを、
どんな場面でどんなふうにつかうのか。

アクセスの世界観、視点を
これまでの常識をふまえたうえで、
どう捉えて、どう扱うのか。

テキストにのっている
抽象的なあれこれを、
現実の具体例に落とし込む。
未来言語を現代語に訳すような感覚。

それが出来る。と思えたからこそ、
ファシリテーターの申請をしたのだ。


バーズの概念は
いままでの常識とは
べつのところからきている。

土台がちがうから
どうしたって未知で
つまりあやしいものでしかない。

そんな世界に入ってきてもらうには
バーズはあやしいけど
わたしがあやしくない
というのも、大事になるのだろう

何年か前、高校からの友人に
SNSでみてるとヤバイひとだけど
会ってしゃべると前と変わらない
ふつーだよねーと言われたことがあるな

それは彼女のポイントオブビューだが
なにかヒントになるかもしれない


« 廃品回収/正しさ、賢さへの執着 | トップページ | 他人を信じるとは »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21960/67272590

この記事へのトラックバック一覧です: 未来言語を現代語に訳す:

« 廃品回収/正しさ、賢さへの執着 | トップページ | 他人を信じるとは »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより