« 闇の扱い | トップページ | 紅白がおもしろかった »

身体の言い分をきく

体には体の言い分がある

もっと痩せたい
もっと太りたい
もっと動きたい
もっと・・・

思考はいろいろ求めるけれど
そうなっていないなら
身体はそれを求めていない

言うことをきかない
思い通りにならない
思考はそう捉えるかもしれない

身体の状態を悪しきものにして
邪魔をされていると
役に立たないと
そんなふうに捉えるかもしれない

けれども
体には体の都合があり
その都合とは誰よりも何よりも
本人の為を思ってのこと

本人のより良い未来のため
本来目指すもののため
ポテンシャルを引き出すため、守るため

身体は賢い
思考よりずっと遠くまで深くまで見渡して
惜しみなくサポートしてくれている

体は潜在意識
従わせるものではない

体の言い分を理解することは
自分がどれだけ愛されているか知ること
自分にどれほどの叡智が味方しているか知ること

理解できないとしても
信じること
助けられているのだと
味方なのだと
最善なのだと思ってみること
そして身体を手伝うこと
協力すること

この地上で
自分の身体との信頼関係以上に
頼りになるものはない

« 闇の扱い | トップページ | 紅白がおもしろかった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身体の言い分をきく:

« 闇の扱い | トップページ | 紅白がおもしろかった »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより