« 身体の言い分をきく | トップページ | ワンオペ育児と社会の歪み »

紅白がおもしろかった

紅白歌合戦
例年、飲み食いしながら見て
後半は寝ていることが多いが

目が覚めたタイミングで観た
MISIAがすごかったのと
桑田さんとユーミンの絡みが
実に、実に、かっこよくて

ちょっと情報をさらってみると
米津さんもなんだか評判が良さげで
一番オイシイところを見逃した感がすごかったので
録画を観てみた。前半も見直した。

とてもよかった。

いつも演出の細部が気になっても
流すしかなかったのだけれど
録画なら戻せる。これはいい。

そして今回の紅白はおそらく総合的に
とてもよかったのだとも思う。

なにが違うのか思い巡らしたところ
「紅白に出してやってる感」が影をひそめ
「出演者スタッフみんなで、視聴者をたのしませる」
そんな姿勢が感じられるような。

本来あたりまえで
まっとうにも思える姿勢だけれど
昨今のテレビ界、特にバラエティでは
すっかり歪んでしまっていて
制作側(スポンサー含む)の都合が
あからさまに優先されていたり
視聴者を見下しながらたのしませているようだったり

紅白がなぜそうなったか。
オットの見立てを借りると
うっちゃんを総合司会に採用したのは大きい気がする。
演出に絡むことを条件に引き受けたとしか思えない。

そもそも彼がNHKで冠番組を持っている事も
かつての印象からすれば
けっこう異色なことのような

香川さんの昆虫番組とか
筋肉体操、おげんさん
少し遡ればサラリーマンNEOとか
近年のNHKには
チャレンジ、遊び心があるような

視聴率のテコ入れで
苦肉の策だったのかもしれないけれど
それらが功を奏して
紅白に結実したのかもしれない

米津さんが直前で、中継でなら。と
出演OKしたことだとか

何より、北島さんの表情
ユーミンの乗り気っぷり

そりゃプロだから当然だし
見事なステージングで
ほんとすごかったんだけど
ほんとたのしそうで
とことんたのしませようとしていた

それを引き出すだけの受け皿が
NHK側にあったのではなかろうか

そういう姿勢、器、気持ちの部分は
どんなにカモフラージュしても伝わるものだ。
相手が一流アーティストならなおさら。

平成最後だから。というのが
きっかけであり
追い風だっただろうか

いいものを作ろう。
シンプルなその姿勢が
制作側と出演者の掛け算をもたらした
そんな風に思える。

カメラワークがグダグダなところがあったり
司会が言えてなかったり
審査員紹介が省かれたり?
アラもあるにはあったけれども

幅広い年代に向けて
いま話題のカルチャー
アーティストをはじめ
ダンサーやマジシャン
アニメやゲームまで含めて
満遍なく(無理矢理にでもw)
盛り込んで、1年の総集編に、
そして平成の総まとめから
来年以降への架け橋を目指してた。

よいもの観たな。と素直に思う。
ありがとうございました!


‪追記。
キーを下げるのは賛成派です。
曲の持ち味と、歌声の持ち味が
最大限にでる音程は、
変わらざるを得ないと思う。‬

« 身体の言い分をきく | トップページ | ワンオペ育児と社会の歪み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅白がおもしろかった:

« 身体の言い分をきく | トップページ | ワンオペ育児と社会の歪み »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより