« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の記事

ゆるり糖質制限とよろこぶボディ

大阪のホテルで
シャワーを浴びて出たら
真横に姿見があり、ギョッとした。

なんだこの腹の出方は。
なんだこの太もものハリのなさは。

正面からは時々見るが
真横からはなかなか見ないもので。

瞬時に腹をへっこませるマイボディ。
いやいやいやいや自然な姿になってごらんよ?
なだめて促すといやまあなんというか
明らかにわたしの美的範疇を超えている。

すぐに脳裏をよぎったのは
ビールやワインなど醸造酒の糖分。
でもねーわたしの人生のたのしみだからねあれは…

ならば、それ以外の糖分を減らしましょう。
幸い白米にさほどの執着はない。
事務所デーのランチは大目に見よう。
オットが大好きな麺類も
ゼロにはできないが夜なら少なめに。

あとは菓子類。これも最近は
事務所デー以外あまり食べてないので
ちょっと意識すればいいだけだろう。

折しも春、骨盤調整にうってつけ。
整体本を参考に体操や呼吸法を取り入れる。
よもぎ蒸しも久々に行こうかな。

などとやっていたら
なんだかボディが嬉しそう。
目的ができたこと
何より、関心を向けられたことに
ウキウキしている感じ。

それもそうだろう
こんなに腹が主張しているのに
へっこませて誤魔化すことを推奨され
現況をスルーされていたのだから。

去年秋のフェイスリフト習得からの
ファンデーション参加
さらに今月に入って
セクシャルエナジーの復元と
アビューズの音源を聞いたこと

それらが全部、ここに繋がっている気がする。

ちょうどESSE&SOPセッションを
受けるタイミングだったので
ターゲットをそこに設定。

友人Rいわく
脂肪は「誰かの想いの収納場所」
「本来の自分とは分けて置いとける場所」

わたしのPOVでは
防御服であり、クッションであり、増幅装置。

なんにしても
溜め込まなくていいし
他の方法でもできるし
とりあえず一回捨てよう?

上背があって
顔や腕に変化が少ないぶん
服を着てさえいれば
他者が気づくことは
あまり無いかもしれないが

ほかでもない自分の体
自分が良い気分にならない形を
維持しているのは
自分いじめに近い

こういうところに意識が向くあたり
実に、天王星牡牛座時期っぽいなあ。

 

いて座木星と今日までとこれから

4/11から射手座の木星が逆行スタート
8/11に順行する度数は1/13と同じ14度
わたしとオットのネイタル海王星の度数

1/13からの3ヶ月
わたしは
初のファンデーション
初のグローバルファンデーション
初のPOP参加に端を発する?
祭りのようなめまぐるしい日々

関西出張と同時進行で高尾・札幌調整
高尾出張〜GFライブ参加〜トルコ行き決定〜整体
GF POP〜札幌出張・藤沢セッション
不思議な夢が続く・新月瞑想会
高尾・横浜セッションデー〜発熱〜トルコ
虚無感・比較・X-men・ジャッジ・停滞感に苛まれ
今日のフォローアップギフレシ目前に離脱、ひと段落感

1/13からの3ヶ月
オットは
古巣バイトの退職願〜有休消化〜退職
派遣登録・申込み・返事待ち2週間・却下
ネットショップ準備
実家の自室家具を処分
バーズ受講
あきらかに苦手が含まれるバイトに申込み・採用
トルコ旅行中にスタート・挫折・退職
今日から別のバイトスタート

お互いの誕生日も含まれているし
映画みたり山を歩いたりもして
なんだか濃厚な日々だった

そういえば1/9には
トイレの水が出なくなって
修理に来てもらったっけな

 


twinkleさっちゃん記事より
http://funcyqutton.hatenablog.com/entry/2019/04/09/191310

「このまま評価され続けても、本来の自分じゃないんだけどな...」

この時期、コンプレックスと向き合ったり、前向きな行動に出ると何か不具合が生じるかもしれません

例えば急に体のどこかが痛くなったり、前向きに挑んだのに解決できなかったり。

だけど今の時期は「それが正解!」そうなっていいのです。

また、コンプレックスと向き合った結果、いかにそのコンプレックスが自分を守ってくれていたかを知るかもしれません。

 

 

わたしの場合は
「待って」「助けて」
これを他者に伝えざるを得ない状況が
たびたび起きていた。
3室山羊座インターセプト のプライド調整。

オットは職探しを通じて
「自分を知る」をやってたかな。
弱点の把握とか。
これは1室山羊座インターセプトっぽい。

木星の運行に煽られた
土星・冥王星のテコ入れか?

 

https://ameblo.jp/neoluminous/entry-12453016706.html

 

いて座での木星逆行は

執着を情熱に変えていくような時間です。

それは、恐れの中に情熱を見出す時間、

新しい可能性を発見する時間とも言えます。

 

同時に集中力をためていきます。

それは、弓矢の弓を引いていくような時間とも言えます。

今年の1月~3月の間に見た恐れや

書き換えた物語があれば

その意味を確信する旅になるでしょう。

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ

占い by いとうより