« 没頭と適応 | トップページ | 自己認識の書き換えと移行 »

さよなら敗北者

学生の頃から
どこかでずーっと
敗北者の気分を抱えてきた

ふと、もう、
手放そうと思った

かつて「理想」に届かなかったのは事実

けれども、そのあと
いくつも夢を叶えて
しかも、今も、こうして生きてる
かなり呑気に、暮らせている

もう、いいんじゃないかな
いくつかの敗北にこだわり続けて
いつでもすぐに取り出せる
免罪符みたいに抱えてなくても
もう、いいんじゃないかな

ちゃんと頑張ってきたし
ちゃんと頑張ってることは
自分だって、知っていることで
それを頑なに認めていないだけ

敗北者として
小さくなって生きることに
メリットもあったんだろうけれどね

この足枷を、外してしまおう

なんども外したり外れたり
外してもらったりしては
また丁寧に付け直してきた

この足枷なしで、歩いてみよう

« 没頭と適応 | トップページ | 自己認識の書き換えと移行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 没頭と適応 | トップページ | 自己認識の書き換えと移行 »

カテゴリー

無料ブログはココログ