« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の記事

続・御縁する”使命”

承前: 御縁する”使命”

 

”誰もがそのまんまで生きられる世界の実現”

家族のために
自分のために
大切な誰かのために

それを望むひとが来てくれる

わたしがわたしに許可を出せるように

そして
なおかつ
それを望む以上は
自分も、自分のそのまんまに、
許可をだすことになる。
ということを、分かっている人が来る。

たいていは無意識レベルで。
しかし確固たる決意をもって。

その準備ができた人
タイミングのきた人
そういう人と御縁するのだな。

御縁する”使命”

アメブロにこんな記事を書いた


使命に目覚めたい人いらっしゃい?!

”使命に目覚めたい人、そういう人は
12h冥王星の人に会ってみると面白いかもしれません”


yujiさんのこの言葉をお借りして。


今日のアクセスバーズ講座をやって
ここでいう”使命”がなんなのか
わかった気がした。

わたしと御縁する以上は
わたしにまつわる”使命”なはずで

そしてわたしが
ずっと、心底、願い続けているのは
”誰もがそのまんまで生きられる世界の実現”なので

その実現に関わることを
使命としている人が
会いに来てくれるのだ。

そしてその実現のためには
まず誰よりもわたし自身が
”そのまんま”であることを
自分に許可する必要があり

それを助けてくれる人もまた
会いに来てくれるのだ。

誰もが、ってつまり、わたしが、だものね。



異端児の緊張

アクセスバーズを使って
身体の英知、意識のチカラ、
セルフケアの大切さを語っている

アクセス界隈では異端児だと自認している
氣道の会員としても異端児だろう

緊張していたのだなあと
人様から依頼されたセッション内容から
我が身を振り返る

後ろめたさだとか

理解されないであろう事とか

先月から氣道では
事務局お手伝いボランティアをやっている
FBをみている人もいるはずだが
今のところバーズを咎められてはいない

去年、一人のスタッフさんが受けてくれて
悪い感じはないと言ってくれたことが
講師になる後押しのひとつだった

アクセスの異端児は
密やかにやっていたけれど
コアメンバーとの繋がりができて
ちょっと様子が変わってきたのかな

まあともかく
緊張しつづけていたし
疲れているのだろうなあと思い
昼寝が止まらないオットに倣って
わたしも昼寝してみた

当たり前にしていること
慣れてしまっていることには
なかなか、気づけない

自分が選んでいるのだし、とか
間違ってないし、とか
そんな理屈はどうでもよくて

身構えていること

それは事実で
いつもどこか緊張しながら
SNSを使っているということで。

友人がリブログに際して
「身体の専門家」と紹介してくれたのも
認識をあらためるきっかけになった

そういうポジションに
いつの間にか、いたんだな
そういう発信を
ずっとしてきているんだな

それはひとえに
誰かのヒントになったらいいなと
願ってのことだ

あるいは、いつかの自分を救うため

この緊張感はきっと
わたしから抜けることはない
ホロスコープがそうなってるし

でも、気づいて、一時的にほどくことはできる

ほどいていられる場を
自分に与えることはできる

これも先日、友人に伝えたことそのまんま!

みんな天使だなあ
ありがたいなあ

つまるところ
自分ががどれだけ
自分をジャッジ、批判しているか
ということを炙り出しているのだな

そんな使い方はNG
そんな伝え方はNG
「正当」ではないって
自分がいちばん自分をジャッジしている
怯えている

それでも、それしか出来ないしやりたくないのだ

常時接続

仲のいい友人たちは
”常時接続”タイプである

天の声
自分の本心
ハイヤーセルフ
サムシンググレート
呼び方はなんでもいいが

ひらめきや気づきとして
あるいは感覚として
いつでもそれが「分かる」

時にぶれることがあっても
常時接続タイプ同士で
エネルギーを交わせば
すぐに再接続される

他人事のように
そう観察してきたのだが
もしかして自分もまた
常時接続なのだろうか

そして
伝えたい
普及したいと
願い、動いている
アクセスバーズは
コンシャスネスをもたらす
そして「知っている」感覚を促進するツール

現代社会に適応し過ぎて
接続を失っている期間があったからこそ
そのしんどさも
取り戻し方も分かる

取り戻すツールは色々ある
わたしが伝えやすいのは
アクセスバーズ
なのだな




« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ