« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の記事

隣り合わせの冥界

彼の死は
思いのほか響いた

訃報から翌日は
なぜだったのだろうと
詮無いことを思い巡らし

翌々日はひたすらに
この事実を許容できる
POVを探して

「置いていかないでよ」
「ずるいよ」

言葉になったら
すこし気が抜けて昼寝した

日が暮れはじめた頃
ふと、ゆるんだ感じがした

それまで吹き荒れていた
強い風が、おさまったような

風がやんで始めて
吹き荒れていたこと
踏ん張って
立ち尽くしていたことに
気が付いて、どっと疲れが出た

山羊座グレコンと向かい合わせの
蟹座2回目の新月

月あかりのない世界に
ふとあらわれた冥界の入り口

ほんとうはそれはいつだって
あちこちにあって

思いがけず渡る者
願っても渡れない者
つるりと渡る者

その違いはなんなのだろうと
また思い巡らしたりして

ご冥福 とは 面白い言葉だな

せかいのすべてが
わたしのウチのなにかならば
これはいったいなんなのか

たしかなものなど
なにもなかったのだと

気づいてしまう
思い出してしまう
そのインパクトときたら!

”うたかたのゆめ”

このせかいそのものが
壮大なつくり話ならば
あしたはどんな日にしようか

あしたが来るのならば
どんな日になるのだろうか

冥界の入り口を横目に
わたしは遠くを見るばかり

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ